2017年07月10日

平成29年度、出題予想と解答例/問題3 コンクリート工/1級土木施工管理の実地試験

平成29年度、出題予想と解答例/
問題3 コンクリート工/1級土木施工管理の実地試験


1級土木施工管理、実地試験の問題3−1 コンクリートの問題は、
適切な語句を記入する問題、適切でない箇所を訂正する問題が出題されます。

コンクリートの養生からの出題は、 湿潤状態、せき板と湿潤状態、セメント水和反応、寒中コンクリートの凍結防止、寒中コンクリートの養生と温度、保温養生、マスコンクリートの養生、膜養生剤、凍結の防止などが、出題されています。

コンクリートの打継目からの出題は、 レイタンス、表面の薄層除去、粗骨材粒の露出、チッピング粗面、吸水、骨材の吸水率・ヤング係数などが、出題されています。

コンクリートの現場内運搬からの出題は、 シュートと材料分離、コンクリートポンプの圧送、バケットの構造などが出題されています。

コンクリート構造物の鉄筋工からの出題は、 鉄筋のかぶり、スペーサの選定、鉄筋の継手、継足しの露出鉄筋、エポキシ樹脂塗装鉄筋の加工・組立て、溶接鉄筋の曲げ加工、鉄筋の常温加工、鉄筋の重ね継手、反発硬度法(シュミットハンマ法)などが、出題されています。

1級土木施工管理、実地試験の問題3 コンクリート工、
過去問、出題傾向と出題予想のページが参考になります。
 http://kensetu-shikaku.gambaya.com/dobokusk/kore-dob/


1級土木施工管理、実地試験の問題3−2 コンクリートの問題は、
施工上の留意点について記述します。

施工上の留意点からの出題は、 劣化機構名、劣化要因、劣化現象、暑中コンクリートの打込み、マスコンクリートの温度ひび割れ対策、混和剤の名称と目的、コールドジョイントの発生防止策、寒中コンクリートの初期凍害、鉄筋の保護対策、ひび割れの発生原因と防止対策、重ね継手とガス圧接継手、継手の検査項目、水平打継目の施工、コンクリート構造物の耐久性照査項目、コンクリートポンプによる運搬、シュートによる材料分離の防止などが、出題されています。

【問題3 コンクリート工】の出題傾向
   dob-14.jpg


 スポンサーリンク





【関連する記事】
posted by gambaya at 10:30| 土木施工管理試験の対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。